風が頬をなで
言葉が頬をなでていった

その感触は優しくも一瞬であり
手に掬ってもサラサラと指の隙間から零れ落ちていく
白い砂のようであり

確かにこの手に感じ取ってみたい