この曲が、というかこの曲「も」好きだ。「マテリアル」
今となっては憎き、集団ストーカー被害の端緒となった昼ドラ「娼婦と淑女」のED曲「いばらのみち」を歌っていた椿屋四重奏。中毒性があるアーティストなどと言われていて、その通り「いばらのみち」中毒になり、数十回でも繰り返し聴いた。

その次のシングルが「マテリアル」
集団ストーカーに遭って、宙ぶらりんになった私の気持ちを表しているかのようだった。
いくつかホノメカシではないか?と思う部分も、映像の中に入っている。
どうして、そんなことをしたの?

それでも曲が好きだ。
和ロックだの艶ロックだのと言われるこのバンドの、定番ハードロックの方ではなくバラード系の方がなぜか好きで、そんな曲やそれに近い曲ばかり集めて作った再生リストを「神リスト」と呼んでいる。「マテリアル」は11曲中10番目、先日ツイートした「流星群」はラスト11番目。どちらも綺麗な歌だ。

そう言えばそのリストの並び順の一部は、そのままその後発売されたアルバムに使用されたっけか。

こいつらは加害者なのか、なんなのか。
だけど、加害者なら概ね安泰でいられるでしょ。
だから加害者でいろ、ボケナスロッカー。


王様の耳はロバの耳。


今日は1日、やる気が出ない日だったけどちょっとスッキリしたあ~


(追記)
そういえばこの曲は、死刑囚をテーマにしたドラマ「モリのアサガオ」の主題歌なんだった。
日本では死刑執行すらヤラセが発生する。宣告された順番通りではないのは、政治的なあれこれやら脅しに利用しているからでは?そういうことに使われたくないから、そこは指摘しておこう。